弁護士に離婚相談

配偶者と離婚するには、離婚理由が必要ですし、離婚届を役所に提出する必要があります。
離婚の方法としては「協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚」などがあげられますが、一般的なのは夫婦で話し合いを行う「協議離婚」です。
協議離婚で話がまとまらない場合に、ほかの「調停離婚・審判離婚・裁判離婚」などで第三者を入れて話し合うことになります。

調停離婚と審判離婚は、裁判所の調停委員に依頼して離婚の話し合いを行います。
調停離婚で話がまとまらない場合に、審判離婚へと進みます。
審判離婚へ進むケースは少なく、大部分の話し合いは調停離婚でまとまるようです。
調停離婚や審判離婚で結論が出ない場合は、裁判離婚で争うことになります。

裁判離婚で争う場合、離婚訴訟を起こす必要があるので、弁護士に依頼することになります。
裁判離婚になるケースとしては、配偶者の浮気、悪意の遺棄、3年以上の生死不明、回復見込みのない強度の精神病、婚姻を継続し難い重大な事由などがあげられます。
悪意の遺棄というのは、配偶者が家庭をかえりみない状態を指します。
また、婚姻を継続し難い重大な事由には、さまざまな理由が入ってきますので、弁護士にご確認ください。

離婚問題を弁護士に依頼する場合は、離婚問題を得意としている弁護士事務所を探すことが大切です。
男性と女性の弁護士がいますから、相談しやすい方を選ぶこともできます。
離婚には話しにくいことも出てくるので、親身になって相談にのってくれる弁護士を選びましょう。


■注目サイト
離婚相談などといったトラブルの相談も出来る大阪の弁護士事務所です・・・弁護士 大阪